NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

素直な心に従う勇気

f:id:n_aomi1214:20190625102441j:plain
 

おはようございます!

本日の座間地方は薄雲が広がっていますが☀晴れ☀

気持ちの良いお天気になりました。

 

あと4ヶ月あまりでこの地を離れ、本当の意味での新生活が始まります。

10月の半ばに横浜での発表会と来年の3月に代々木のムジカーザでのコンサート(有料)を計画しているので、それに向かう自分と、新生活への移行準備をしている自分が同居している今日この頃です。

新天地での生活の不安はまったくありませんが、自分の人生を捧げてきた「歌の道」をどうするか、という命題に突き当たっています。(お蔵の改修や、相棒のピアノとこれからどうつき合い続けるか・・を含め)

思いを巡らしてみても、五里霧中でモヤモヤが晴れません。

古民家の改修がそうだったように手探りで進むしかないのですが、こうも何も見えないと、なんとも落ち着かない気分になります。

すぐに買い手がつくだろうと思っていた自宅の売却は、周辺の新築建て売りラッシュの影響か?一ヶ月余りがたち、問合せが1件のみ、しかも物見遊山の人でした。

価格設定が高すぎるのかもしれません。。

まあ・・住み心地が良くて綺麗に使っている家だから、いずれはふさわしい人の手に渡るだろうと心配はしていませんが・・。

そもそも自分が自分らしい生き方をするのに、家が売れるか売れないかは本質的に関係ないのです。売れることは必要だけど、あくまで周辺のことにすぎません。

そこで今の自分に必要なのは、モヤモヤに隠れて見えにくくなっている「自分の素直な心=本心」をちゃんと見ることなんだと思いました。

「お蔵の改修はお金がかかるだろうなあ・・その資金はどうするの?・・そこまでしてこれ以上やる必要あるの・・やんないほうが気が楽・・etc・・」

と、思考が横やりを入れてきます。

先が見えないから余計に!!・・です。

古民家に初めて出会ったとき、私の胸をときめかせたのは「お蔵」でした。

純粋に「ここを音楽サロンにして、レッスンやコンサートをやってみたい!」と思ったのです。

これまで何度も書いてきたことですが、私は更年期が酷くて、本当に声が出ない時期が数年ありました。

それまで第一線で活躍してきたオペラ歌手にとって致命的なことでした。

苦しみ抜いてオペラの舞台は諦め、一時は歌うことさえ諦めかけたこともありました。

でも心のどこかで「自分を歌に繋いでおきたい!」と思っていたのでしょう。

苦しいさなかでも細々とコンサートを続けてきました。

今あらためて自分の心に問うてみると、

「私は歌の中にいたい!」

「歌を通じて人と繋がっていたい!」

と、はっきり言うのです。

思考は恐がりで、心を否定しようとします。

私は「思考」を「心のままに進む」ためのサポーター役に育て、両者が力を合わせて行けるように訓練しようと思います。

「心」主導で生きることは勇気がいりますが、老後の人生こそ勇気が大切と思えるのです。

信じて進むのみ・・ですね!

 

それでは今日はこの辺で!!

 

 

 

 

大泉日記・・ベッドマットの怪!?

f:id:n_aomi1214:20190621122849j:plain

北西を示すはずが・・

 

こんばんは!

さっきの続きです。

・・

我が家では、睡眠に良いというので、もう20年ほど前から北枕で寝ています。

古民家でも北枕にしたいのですが、家が南南東に向いているのでで完全な北枕には出来ません。

そこで、一体どの方位に枕が向いているかコンパスで計測してみました。

ところが・・大変なことが発覚しました!

なんと方位が狂っているのです。

わたしのベッドが本来示すべき「北西ないし北北西」ではなく真逆の「南東」を示すのです。

コンパスをベッドの上で移動させてみると針がグルグル回ります。

磁場が狂った場所で寝ると心身の健康に影響があると聞いたことがあるので、恐くなりました。

「家の土台の礎石が強い磁力を持っていて磁場に影響しているのかもしれない」と、ベッドを移動させ床に直接コンパスを置いて計測してみました。

しかし、コンパスは本来の方向を示します。

まさか・・マットレスのスプリングが磁気を帯びてしまったのか・・と居間にマットレスだけを移動させて測りましたが、やはり方位が狂っていました。

夫のベッドのマットレスを測っても、方位の狂いはありませんでした。

私が怖がるので、夫がマットレスを交換してくれました。(ここまでが20日の夜の出来事)

翌朝測ってみると、何故か方位が正しくなっていました。

その夜測るとまた方位が狂っているので、マットレスの全ての場所で方位が狂っているかを調べてみました。

すると、タグがついたほうの縁から50センチくらいまでが真逆を示すことが分かりました。

さらに翌々朝、測るとやはり狂っていました。

理由もなく「もしかして・・」と閃いたので、頭側と足側を逆にして再度計測してみました。

すると・・何と言うことでしょう!

マットレスの方位がほぼ正常値を示すのです。

今度はどこを測っても磁石がグルグル回りません。。

f:id:n_aomi1214:20190621122838j:plain

コンパスを置いた辺りの磁場が狂っていた!

 

こんな不可解なことがあるのでしょうか?

定住前の古民家には、小さい冷蔵庫くらいしか電化製品を置いていません。

ですからそういった類のもので磁場が影響を受けるとは考えにくいです。

とりあえず帰る日の朝には方位が正常に戻ったので、しばらくは様子をみてみたいと思います。

また狂うようだったら、もちろんマットレスを買い換えます!

どなたかこういう状況を科学的に分かる方はいませんか?

*ベッドでスマホを見たり枕元に置いたりはしません。スマホや携帯はリビングの定位置に置き、必要の無いときは電源を切っていますので、これらの影響も考えにくいです。

 

それでは今日はこの辺で、

お休みなさい ☆zzz☆

 



 

 

 

 

大泉日記・・色々進化した!

f:id:n_aomi1214:20190621115831j:plain東南に植えた桜(啓翁桜)

 

こんにちは!

本日の座間地方・・今しがた雨がパラつき始め過ごしやすくなりました。

 

17日の夜から大泉に行き、昨夜戻りました。

今回も4泊4日の滞在でした。

「4泊4日」と文字にすると僅かな日数ですが、朝から晩まで忙しく作業していると、感覚的にはもっと長く感じます。

f:id:n_aomi1214:20190620081445j:plain

2週間前に張った芝生が生え揃ってきました。5センチ程に伸びたら芝刈りをします。待ち遠しいけど仕事が増える・・

メインガーデンの植樹は七割ほど済み、小道を造るための位置調整で数本の苗を移動させました。掘り返したり埋め戻したり、苗木もワタシも!!ご苦労な話しです。。

庭作りには大まかな構想はありますが、作っていく過程で新たなアイデアが出て来るのがまた楽しいです。

「庭作りは私がする!」と宣言した手前、基本、作業は一人でやります。

おかげで草苅りと穴掘りが上手になりました。

f:id:n_aomi1214:20190621115901j:plain

敷き地ギリギリに建てられた隣家の物置小屋のトタンが汚いので、目隠しにレッドロビンの生け垣にしました。ここには当初アベリアを植えましたが、よくよく調べると1メートルほどにしかならない低木なので、芝生の縁に移植しました。

f:id:n_aomi1214:20190619080701j:plain

二階の正面と物干しデッキの軒下で二組のツバメが子育てをしています。留守がちな家なのに巣を作ってくれて嬉しいです!!

ついでに・・玄関前の軒下に蜂が等間隔で5つも!!巣を作っていました。

夫曰く「刺さないハチだよ」とのことですが、用心のため撤去しました。ゴメンね!南無阿弥陀仏。。

f:id:n_aomi1214:20190620081513j:plain恐がりのジャムはチョコッと縁側に出たものの、すぐに屋内に逃げ戻りました・・

f:id:n_aomi1214:20190620081540j:plainナナは縁側ライフを満喫中!!

次回からは芝生をレンガで縁取りしたり、庭の小道の造成に入ります。

まだまだ書きたいことがあるのでページを改めてアップします。

では!



大泉日記・・古民家before~after

こんにちは!

本日の座間地方・・朝のうちは日が差していましたが、だんだん雲行きが怪しくなってきました。

ふと思い立ち、明治12年築の我が古民家のbifore~afterを載せることにしました。

 

f:id:n_aomi1214:20170823154947j:plain2017年8月の古民家

f:id:n_aomi1214:20190326142857j:plain2019年3月の古民家

 

f:id:n_aomi1214:20170823155148j:plainbefore

f:id:n_aomi1214:20190326143453j:plain

f:id:n_aomi1214:20190326143439j:plainafter

 

f:id:n_aomi1214:20170823154904j:plainbefore(東側)
f:id:n_aomi1214:20190221164853j:plainafter・・減築部分を物干し用のデッキにした。もちろん夏はここでビールを飲む!

こうやって比較してみるとずいぶん変身しています。

「廃屋同然だった!」という記憶が薄れないように、アップしておくことにしました。

次の大泉行きは来週月曜日から。

草ボウボウだろうなあ・・でも楽しみです!!

 

それでは今日はこの辺で!

 

大泉日記・・用水路の水が敷き地に漏れていた!!

f:id:n_aomi1214:20190605084142j:plain

エゴの花が満開!!・・木立の向こうには裏の畑がある。

こんにちは!

本日の座間地方はドンヨリとした曇り空・・雨が降り出しています。

 

日曜の夜に大泉の古民家に行き、昨日の夜遅くに戻ってきました。

4泊4日の滞在でした。

いつもそうですが、今回も多忙で濃密な時間を過ごしてきました。

やったことと言えば敷地や裏畑の草苅り、家の整理と掃除、果樹の植樹(裏の畑の半分を果樹園にします。今のところブルーベリー4本、リンゴ2本、梅2本、渋柿1本、キウイ雄雌一本ずつ植えました。これ以外に南の庭に杏子、プラム、ブラックベリーラズベリージューンベリーが植わってます。)、座間の庭からサザンカを移植、庭の整備など・・

f:id:n_aomi1214:20190605084512j:plain

お弟子さんから頂いたアンジェラを庭に植えました。オベリスクで仕立てます!

f:id:n_aomi1214:20190605084323j:plain

座間から持って行ったサザンカは裏庭の一等地へ・・ここは肥沃な土壌です。しっかり根付いてくれますように!

f:id:n_aomi1214:20190605131959j:plain

前回行った時、新友のUさんから頂いたラズベリーが何とか根付いたので、フェンスに誘引します。

滞在最終日にようやく庭屋さんが来てくれて、前庭の芝張りが終わりました。

歩きやすいように飛び石を配置しました。

芝は張ってから最低1週間はたっぷりの水やりが必要ということで、初めて便利屋さんを頼んでやってもらうことにしました。(芝生の写真は次回以降載せます。)

一方、夫のマルセル君は土木工事?!専門でした。

裏の側溝の掃除と整備に始まり、西北の塀に面した少し高くなっている庭に石の階段を造り始めました。

すると・・大変なことが発覚しました!

夫が西の塀際の草や石を整理していたら、なんと!!塀の向こう側を流れる用水路の水が我が家の敷地に大量に漏れていたのです。

家の西側の通路や、改修前の土間、東側に水がしみ出ている箇所がいくつかあります。

南斜面のこの地域は水が上から流れ込みやすいんだろうと、家の裏に側溝を造りました。

しかし、地面から水がしみ出るのは改善されていませんでした。

しかも湿度が低いはずのこの地域で、家の湿度が75%あります。

やはり下から湿気が上がってきているのでは・・と疑っていました。

慌てた夫が用水路を調べに行くと、家の塀の横で直角に反対方向に曲がっている用水路の角に近い所に穴が空いているのを発見しました。

ここから漏れた水が地面の中を伝って床下に入っていたのです!

用水路は老朽化が激しく敷地外のため、私たちが何かをすることは出来ません。

この水漏れは今日や昨日のことではないでしょう。もう長いことこの敷き地に漏れていたのです。

さあどうしよう・・

(あとで聞いた話し、夫はかなりブルーな気分になっていたようです。)

夫は自力で何とかしようと思ったようですが、そんなの絶対無理に決まってます。

用水路のことはいったい誰に言えば良いのか・・

今日帰るという日の朝、散歩に出かけた夫が向かいの奥さんにこのことを話したら、「それは市役所に言うのがいいですね!」とのこと。

さっそく市役所に電話すると、係りの人と区長さんと組長さんが駆けつけてくれました。

調べた結果、やはり用水路の水が敷き地に流れ込んでいました。

「セメント買ってきて今日中に穴を塞ぎましょう。」と区長さんが言いました。

驚いたのは、市の担当に言っても実際の補修工事は区や組の役員がするということのようです。

材料費は市に請求するとのことでしたが、農繁期の忙しい時間をぬって夕方、区長さんが直しに来てくれました。(もちろん夫も一緒にやりました。)

区長さんは用水路の管理もしていて、水を止めることが出来るのです。

FBの友達が「組の役員になると忙しい」と言ってましたが、こういうことがあちこちで起きたら対処しなくちゃいけないし、形骸化した都市部の自治会とは違って、地域のことは自分たちで責任を持ってやる仕組みなんだと思いました。

区長さんは地元出身の方ですが、定年退職後に帰農したと言うことでした。

定年後に家業の農業を継ぐ方や兼業農家の方がほとんどのようです。

そういう意味では農家といっても社会慣れしているので、感覚的なズレが少ないのかなあと思いました。

区長さんはなかなかダンディーな方でした♡(夫がブログを読みませんように・・)

応急処置で当面は収まっても、用水路自体をちゃんと修繕しないとまた漏れるだろうなあと思います。大丈夫なんだろうか・・

田舎暮らしは色々起きてくることでしょう。

でも今回のようなアクシデントを通して地元の方と知り合えたし、「ここで生きて行くんだ!」という自覚と覚悟が芽生えつつあるのも確かです。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大泉日記・・新友の心に触れた!

f:id:n_aomi1214:20190529092902j:plain

おはようございます。

本日の座間地方は明るい曇り・・雨上がりのすがすがしい空気です!

 ・・昨日夕食時に夫から、

「言うの忘れてたけど25日の昼間に、こないだ植物の苗をくれた人から電話があって、苗に水やりをしとくから庭に入っていいかって言ってたよ!」

と、遅すぎる伝言・・

前回大泉に行った時にラズベリーの苗を持ってきてくれたUさんからの電話だった。

急に暑くなったから、苗のことを心配してくれたのです。

根っこ剥き出しで掘り出した苗は難しそうだなと思いましたが、せっかくだったので畑との境目に植えました。

古民家の庭は土が硬く石だらけでうまく掘れません。何とか根が入るほどの穴を掘り植え付けましたが、座間に戻ってから急に暑くなり雨が降らなかったので「あのラズベリーはダメかもしれない」と半ば諦めていました。

Uさんからは「やっぱり枯れちゃってたね!」とのこと。

株がいくつかあったので、「上が枯れてもどこかで根がつくかもしれないし・・」と私。

定住してないので、ものによっては植物の苗を植えるのは難しいなと思いました。

でも!秋からはずっと住むんだから、苗はいつでも植えられます。

それよりも、苗を心配して水やりに来てくれたUさんの心が嬉しかったです。

・・私は45歳を過ぎてから「友達つき合い」がありません。

その都度「仕事仲間」はいましたが、わざわざ会ったり話したりする関係の人はいませんでした。

仕事柄、レッスンに来て下さる生徒さんたちと仲良くお付き合いしているので、「友達のいない寂しさ」を感じることはありませんでしたが・・。

でも古民家に移り住んだら、趣味を介した友人が欲しいなあという思いが漠然とあります。

私の趣味といえば、今のところ庭と畑作りです。

座間では市民農園をやっていますが、都会ではなかなか農園友達は出来ません。

まず、畑が遠い・・それぞれが自分の時間をやりくりして農園に通うので、作業する時間帯がバラバラ・・しかも途中挫折で放置されている区画もあります。(私の南と東隣は耕作放棄地!北隣も半放置です。)

そんな訳で人とちっとも会わないし(私もあんまり行かないってのもある)、たまに会っても挨拶程度。皆さんあまり時間がないから無駄話が少ないです。

ところが、北杜市に行ったら様子が違います。

二地域居住を始めて3ヶ月しかたっていないのに、すでに何人かの知り合いが出来ました。

座間にいるときは立ち話をする機会があまりなかったのが(そもそも話題もなかった)、大泉では誰とでもすぐに話しが弾むのです。

古民家の庭で作業しているだけで知り合いが出来ちゃうって、凄いことです。

豊かな自然の中にいて、みんなの心が開いているからだろうなあと思います。

話しは戻りますが、Uさん(Jマートの果樹売り場で出会った)の分け隔てない親切心に触れ、新たに友を得る喜びを感じているところです。

彼女の家は兼業農家・・田植えの時期の忙しい合間をぬって水やりに来てくれました。

着ていた鎧がどんどん脱げて行き、つるんつるんのハートが開いているのが自分でも分かります。

軽くて、陽気で、子どものような心、開いた心!!

不動産屋のおじさんにたまたま連れて行かれ、思いがけず出会った場所は、自分の魂を呼び起こすための場所だったんだ・・と今は確信しています。

次はこの日曜日の夕方に発ち、大泉に行きます!

次こそは芝張り(庭屋さんがやりますが・・)と、ネットで注文した「アンジェラ」というつるバラを一株植えます。

あと、武川町にあるシンプリーガーデンというイングリッシュガーデンを見に行く予定。

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大泉日記・・出費が痛い!!

f:id:n_aomi1214:20190522120446j:plain

古民家近くの里山の雑木林

 

こんばんは!

日曜日の夕方にこちらを発ち大泉に行きました。

今回は3泊。

業者に芝張りの整地をしてもらったので、自分たちで芝を張る予定にしていました。

ところが、月曜にJマートに行くとすでに芝の取り扱いは終了し入手することが出来ません。

せめて芝張りを自分たちでやって少しでも経費節減するつもりでしたが、全部業者にお願いすることになってしまいました。

40㎡の芝張りで25万円・・痛い出費です。

古民家の庭は更地のため土埃が凄いのです。

その土埃対策と解放的な庭にしたいという理由で芝生を張ることにしました。

f:id:n_aomi1214:20190522124511j:plain芝張りの整地はこんな感じ。

また駐車場の整備もしなくてはなりません。

寒冷地のためコンクリやアスファルトは割高になります。

そこで防草シートを敷いた上に砂利敷きをすることにしました。

こちらは90㎡で47万円也・・・

いつも更地に駐車しているので、我が新車のタイヤと車内は土埃で汚れ放題・・一刻も早い対策が必要なのです。

家を建てると(今回は古民家再生ですが・・)ホント出費が嵩んで大変です。。

・・

ところで、今日は古民家から1~2分の里山を散歩しました。

里山といってもけっこうな山です。

舗装のない小道から入るのでよそのお宅の入り口かと思っていましたが、散歩中の老紳士に教えてもらいました。

鬱蒼とした小道を20mほど行くと小さな橋があり、そこを渡ると別世界が広がっています。

f:id:n_aomi1214:20190522125920j:plain

すぐ隣が集落なのに、ここからは民家が見えません。

f:id:n_aomi1214:20190522125853j:plain

なだらかな山道を上っていくと、途中に一軒だけ移住者宅とおぼしき家がポツンとありました。

f:id:n_aomi1214:20190522120816j:plain

ほどんど人が歩かないような小道を進みます。

f:id:n_aomi1214:20190522120340j:plain

鬱蒼とした雑木林が続きます。

f:id:n_aomi1214:20190522120447j:plain

この林は人の手が入っているのかも・・ 

f:id:n_aomi1214:20190522121302j:plain

小一時間ほど歩いたら反対側の長坂町に出ました。

北杜市近辺には有名なトレッキングコースやハイキングコースがありますが、近所の里山を散歩すれば、わざわざどこかに行く必要はないなあと思いました。

 

それでは今日はこの辺で、お休みなさい ☆zzz☆

 

 

 

 

 

 

 

体内に入れた薬は排泄され自然界を汚染している

f:id:n_aomi1214:20190517112919j:plain

今朝の大山

本日の座間地方・・大山や丹沢山地の方は雲が多いですが、東や南の空は晴れています。

今からの眺望は西のため西の空ばかり写していますが、空は広がっていて方向によって晴だったり曇りだったりと、面白いです。

・・・

さて、今日も興味深い記事があったのでシェアいたします。

自分の意識の方向を隠す必要も無いので、これからこのような記事を載せることが増えるかも知れません。

<in Deep>の記事より転用
こういう事が起きています。
避妊薬のピルが人間の排泄物とともに分解されないで川に流れ込み、魚のメス化を招いていることをご存じでしょうか?
抗生物質しかり、鎮痛剤しかり、すべての西洋薬が生態系に影響を与えています。
自分だけが気をつけてもどうにもならない問題と思いますが、気がつく人が一人でも増えることを祈ります。・・以下記事引用文・・

INDEEP.JP
 
地球の水は人間の薬により、もはや死につつある。そして、この大洪水の時代
に次は大地が浸食され、完全絶滅への道程はさらに進行するはずで

それでは皆さん、良い一日をお過ごしください!

モンサントの除草剤の悪

おはようございます!

本日の座間地方・・雲が多いながらも、時折お日様が顔を出すお天気になっています。

先ほどfacebookにアップした記事をブログにシェアします。

・・・

モンサントの除草剤「ラウンドアップ」で癌、2200億円の賠償命令!因果関係を認める!日本では使用拡大!”

草を枯らしてしまうものが人間の身体に良いはずがない。
座間の家の回りの側溝の際に、隣の叔父さんがいつも除草剤をまく。
わずかな隙間から生える草がそんなに邪魔なのだろうか?
また大泉の隣家にも先日男の人がやってきて、家の回りに除草剤を撒いていった。
庭や畑の草取りをすると、カエルや小さな虫が沢山いる。草むらは彼らの住処なのだ。
除草剤は彼らの住処ばかりでなく、命も奪っていく。
それらを餌にしている鳥たちの命も奪っていく。
それらの薬剤が川に流れ込み海に行き、決して分解されない有害物として循環していくことに気がつかないのだろうか?
植物や小さな生物の命を奪うということは、人間自身の命を蝕んでいくのと同じだと思う。
私は除草剤や農薬は絶対に使わない。化成肥料も使わない。
身体が動く限りは、自分で草苅りをする。
EM菌やコンポストで堆肥を作る。
自然の一部に間借りしているのはこちらなんだから、当たり前。

JOHOSOKUHOU.COM
 
アメリカの大手農薬メーカー・モンサントが販売している除草剤「ラウンドアップ」の有害性を巡る訴訟で、カルフォルニア州の裁判所がモンサント側の主張を退けて、賠償命令を命じしました。 この裁判ではカリフォル.....
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私の人生フルーツ序章

f:id:n_aomi1214:20190515123233j:plain

こんにちは!

本日の座間地方は雲が多いものの晴れ☀☀

さっき大泉関係の公共料金の口座振替の手続きに行きました。

近所の郵便局に行くのに日傘が必要な季節になりました。

 

ところで今朝、北杜市大泉町ジモティの 友達から電話がありました。

彼女とは半年ほど前にJマートの果樹売り場で意気投合し、友達になりました。

ラズベリーとポポーの苗があるからくれるとのことです。

次の大泉滞在中にラズベリーの苗を入手して植えたいなあと思っていたので、まったくタイムリーな電話でした。

ポポーは昔はわりとポピュラーな果実だったそうですが、今はほとんど市場に出回ることがなく「幻の果実」と言われているそうです。

ネットで調べたらとっても美味しそうで、ぜひ栽培して食べてみたいです!

以前の忙しい私だったら出会わない人と、どんどん知り合いになっています。

知らなかった世界の扉が開かれていってワクワクします。

果樹友達とフルーツのお話が出来るなんて夢のようです。

2年ほど前に「人生フルーツ」という映画を見て、あんな暮らしがしたいと夫と話し合った記憶がありますが、それが実現しつつあります。

私の場合は夫婦二人の人生フルーツもいいけど「人生フルーツ仲間」がいたら、もっと豊かで楽しいだろうなあと思います。

それでは今日はこの辺で!