NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

八ヶ岳南麓里山日記・・1つの夢が現実となった日

f:id:n_aomi1214:20200405201303j:plain

畑の片隅のスイセン

 

こんばんは。

本日の里山は晴れ☀☀☀

風は強めでしたが春うららといったお天気でした。

 

さてお蔵の小さな音楽ホールの大工工事は無事に終わりました。

まだDiyの床張りが残っていますが、照明の位置決めのため一足早くピアノを搬入しました。

 搬入の様子はfacebookで公開していますので、アクセスしてみて下さいね。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006835158973&lst=100006835158973%3A100006835158973%3A1485596702

思えば40代のころから「自由に使える自分のホールが欲しいなあ・・」と夢をいだいていました。

しかし関東圏でようやく食べている自分がホールを持つなんて、夢のまた夢でした。

ところが3年前に偶然お蔵に出会ってから、その夢は現実味を帯びてきたのです。

ブログで何度が書いていますが、この場所には導かれたとしか言いようがありません。

壊れそうなボロ古民家に案内され、裏にあるお蔵の存在を知らされた途端、一瞬にしてここに住むことが自分の中で決まってしまいました。

資金繰りやら何やかやと本当に大変でしたが、古民家をフルリノベーションし、何とか引っ越しにこぎ着けることが出来ました。

そして年が明け、いよいよお蔵の改修に着手しました。

私はもう現役を引退していますから、これから一旗揚げようなんて気はさらさらありません。

でも、何としてもお蔵に再び新しい命を吹き込まなければならない・・という強い使命感があったので、底をつきそうな原資を絞り出してお蔵の改修工事に臨みました。

解体から数えて2ヶ月半、築150年の古いお蔵は小さな音楽ホールに生まれ変わりました。

そして今日、ピアノという命が吹き込まれたのです。

・・・やっぱり嬉しかった!!

こちらに移住して5ヶ月余りほとんど練習出来なかったので、思う存分自分の練習をしました。

そして久しぶりに再会した相棒のピアノも弾きまくりました。

ピアノとホールの相性がすごく良い!!

もともと良い響きのピアノだけれど、ますます良い響きになりました。

ここに沢山の良い音楽を響かせたいと、心から思います。

そしてそのために、私はここに呼ばれたんだと、はっきり分かりました。

新型コロナウイルス問題があるので、いつから活用していけるのかまだ分かりませんが、私の中に暗い気持ちがないからきっと大丈夫です。

f:id:n_aomi1214:20200405205839j:plain

45年使い込んだピアノ!

f:id:n_aomi1214:20200405205933j:plain

床張りが済んだら、調律師にメンテナンスをお願いする予定です。

f:id:n_aomi1214:20200405210207j:plain

畑にはトンネルを作り、キャベツとブロッコリーの苗を植えました。

f:id:n_aomi1214:20200405210338j:plain

苗床には自然栽培のタネを蒔きました。

この辺りではカッコーが種蒔きの合図とのこと。

カッコー が鳴いたら、大根や人参やルッコラなどを直まきします。

 

それでは今日はこの辺で!

八ヶ岳南麓里山日記・・里山の暮らし

f:id:n_aomi1214:20200327225427j:plain甲斐駒ヶ岳・・あずさの車窓から

 

こんばんは!

大泉の里山はだいぶ春めいて来ました。

でも、以前住んでいた南関東に比べると、芽吹きや花の開花がだいぶ遅いですね。

標高が300mほど低い韮崎の方では桜が咲き始めていますが、こちらはまだまだです。

多分あと半月ほどで、近所の谷戸城趾の桜が見頃を迎えるのではないかと思います。

百花繚乱の春が待ち遠しいですね!

・・・

標高850mの我が家の庭にも少しずつ春が訪れ始めています。

f:id:n_aomi1214:20200327230318j:plain

啓翁桜の蕾がほころび始めました。

f:id:n_aomi1214:20200327230602j:plain

庭のあちこちで福寿草が、今が盛りと咲いています。

f:id:n_aomi1214:20200327230702j:plain

スイセンも咲き始めました!

f:id:n_aomi1214:20200327230810j:plain

お蔵の音楽ホールは大工さんが急ピッチで仕上げに入っています。

二階の手すりや高窓の額縁が格好良く仕上がりました。

明日は足場が外されるとのことです。

4月5日に預けていたピアノを搬入することにしました。

ピアノに合わせて照明の位置を決めます。

年のせいで、ド近眼に老眼+軽度の白内障が混じり楽譜が見えずらいので、照明はとっても大切なんです!!

・・・

ところで

新型コロナウイルスの影響で東京でのレッスンはしばらくお休みしなければなりません。

生活にメリハリがなくなりチョッピリ残念ですが、その分庭仕事をたっぷりすることができます。

この5日間で40個ほどの穴を掘り、樹木を植えたり移植したりしました。

おかげで足腰が強くなったような気がします。

何しろ広い庭なので、庭らしくするのが大変・・。

でも、幼木が育った姿を想像しながらの作業はなかなか楽しいものです。

f:id:n_aomi1214:20200327232909j:plain

畑の準備も整い作付けを待つばかりです。

この辺りではカッコーが鳴いたら種蒔きをするのだそうです。

f:id:n_aomi1214:20200327233155j:plain

庭仕事の合間には、もちろん外でのお茶タイム!!

 

以上、近頃の里山の暮らしでした。

それでは今日はこの辺で!

 

 


 

八ヶ岳南麓里山日記・・年取ってなんかいられない!

f:id:n_aomi1214:20200304203413j:plain

南アルプスとアートな雲・・高速バスの車窓より

 

こんばんは。

今日の里山は雲が多く、遅い午後から小雨がパラつくお天気でした。

昨日は新宿でのレッスンでした。

行きは電車、帰りは高速バスを利用しています。

f:id:n_aomi1214:20200304203909j:plain

あずさの車窓から望む南アルプス

小淵沢から特急に乗ることが多いので、新宿行きのお楽しみは小淵沢駅に向かう道からの南アルプスの勇姿と、韮崎の手前までの車窓からの眺めです。

毎月4.5回のペースで通っていますが、山の景色ってホント飽きないんですよね。

いつも違う表情を見せてくれるんです!

最近は日が長くなってきて、早い時間に新宿を出られれば、夕日に映える南アルプスを見られるようになりました。

甲府昭和あたりから、外の景色を見ては一人でフィーバーしているワタクシなのでございます。

ところで・・

3月13日に予定していた東京でのコンサートの中止を決めてから落ち込んでいましたが、すっかり元気を取り戻しました。

同じメンバーのコンサートをお蔵の音楽ホールで開催することにしたら、がぜん楽しくなってきたのです。

音楽ホールの引き渡しは今月末・・コンクリート打ちっ放しの床に竹製のフローリング材をdiyで直貼りします。

照明も考えなくちゃいけないし、お蔵の周りの庭や駐車場の整備もありますから、ボヤボヤしていられません。

音楽ホールが完成したら、まずはこけら落としのコンサートとお弟子さんのコンサートをします。

またホールを知ってもらうためにホームページを作ろうと思っています。

ホームページって作ったことないから、私でも出来るのかとっても心配です。。

ホールでは声楽のレッスン、自主企画のコンサート、オペラセミナーなどを主にやるつもりでしたので、貸すということは念頭にありませんでした。

ところが問合せをいただいたので、貸す方向でも検討を始めました。

客席は40席、駐車場は最大で15台・・足りない場合は近所の大泉温泉の駐車場を借りるっていう手もあるかしら?

車以外の交通手段がないかなあと思っていたら、小淵沢から便利なバス便がある事がわかりました。この4月からの運行です。

路線名は「2号車北線」、小淵沢からなんと10分で最寄りのバス停「大芦}につきます。

バス停から音楽ホールまで歩いて3分ほど。

便は少ないですが、このバス使えるかも!です。

ちなみにこのバス路線はきららシティを通って長坂駅まで行きます。

 

せっかく貸すなら、どなたかヨガ教室とかやってくれないかしら。

教室に参加させてもらえれば、運動不足解消なんだけどな・・。

f:id:n_aomi1214:20200304221042j:plainこのシメジは本文とは関係ないです。こうやって日常の面白さを写すのが好きなので・・

 

気持ちは音楽ホールに行きがちですが、もういいかげん畑の土作りを始めないとジャガイモの植え付けに間に合いません。

ということで、今日は重い腰を上げ3畝に肥料を入れて耕しました。

家の前の畑は50坪ほどだと思いますが、私にはとっても広く感じられます。

だってね、前に借りていた座間の市民農園は一区画8坪でしたから、6倍以上の面積になっちゃたんですよ!

8坪を持て余していた私にちゃんと出来るのでしょうか?

畝と畝の間隔を広めにとったとしても8畝も出来ちゃいますよ!

何をどう作ればいいんだろう・・草取りも大変・・気が遠くなりそうです。

移住の先輩が「田舎暮らしは忙しいよ!」と言ってましたが、畑と庭の管理だけでも大変なのに、レッスンに音楽ホールの経営が加わり、63才の春は忙しくなりそうです。

年取ってなんかいられない!

ガンバレ、私!

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

コンサート中止のお知らせ

3月13日(金)に代々木上原ムジカーザで予定していましたConcerto delle stelle は中止することにいたしました。

チケット代は取扱者より返金いたしますので、よろしくお願いいたします。

恩師の終活

f:id:n_aomi1214:20200223204237j:plain

裏庭の片隅に咲いた福寿草

 

こんばんは!

今日は風が強い一日でした。

 

今日は私の声楽の師匠について書きたいと思います。

 

私が終の住処として移住したこの土地は、偶然にも人生最大の恩師である最初の声楽の師匠、古屋先生の故郷です。

先生が甲府一高の出身と言うことは知っていましたが、まさか北杜市白州町の人とは知りませんでした。

・・

私は故郷浜松で12才の夏から声楽のレッスンを始めました。

オペラ歌手になりたいという夢から始めたのではなく、宝塚に入りたいという希望の代償に母が許してくれたので声楽を始めました。

母は田舎者だったので、宝塚の「た」の字も知らない人でした。

もちろん私も田舎者ですから見たこともない宝塚の世界に勝手な幻想をいだき、小学校を卒業したら宝塚音楽学校に入りたいと母に懇願していました。

ところが・・

「踊り子風情は絶対にダメ!、食べていける道を選びなさい!」

クラシック音楽なら食べていける!」

という根拠のない母の意向で、声楽のレッスンを許されたのでした。

母が許してくれるのなら・・ということで、

そのころ師事していたピアノの先生に自ら、

「どなたか声楽の先生を紹介してください。」

とお願いしました。

 

そこで紹介されたのが古屋先生でした。

エエ格好しいで洒落者の先生でしたが、おおらかで面倒見が良く褒めて伸ばすタイプの先生で、私は大好きでした。

先生のおかげで声楽の世界にのめり込み、練習熱心な生徒になりました。

その頃先生は浜松初の音楽高校で教えていて、私は迷うことなくその高校に進学し、中学から高校卒業までの6年間先生の元で研鑽を積みました。

東京芸大進学も古屋先生の薦めでした。

声楽が好きで好きで、三度のご飯よりも(というのは大げさですが)大切、練習出来なくなるから、どこかに遊びに行くなんてとんでもない(これ本当!)というくらいののめり込みようでした。

練習さえしていればハッピーな毎日なので、どこの大学に行くとか考えたことはありませんでした。

つまり進学や進路のために学んでたのではないんですね。

そんなノー天気な私でしたから、先生が薦める大学にいくのは自然な成り行きでした。

現実的にはそれなりに難関校でしたので、勉強しましたけどね・・。

 

先生は、大学に進学してからも折にふれ浜松でのコンサートに呼んでくれました。

そしてオペラ歌手として活躍するようになってからは、舞台の度に東京まで足を運んで下さいました。

 

浜松でのコンサートの後は決まって先生と飲みに行きました。

先生は「教えを垂れる」と言うことは全くありませんでした。

そんな先生が繰り返しおしゃていたのは、

「直美君、歌はハートで歌うものだよ!」

 

私が更年期で全く声が出なくなったとき、酷く落ち込んでいたら、

「ようやくハートで歌えるようになったね!」

と、さりげなく慰めて下さいました。

何かあると直ぐに先生の声が聞きたくなる私は、「先生っ子」です。

・・

その大切な先生から一通のメールが来ました。

「暖かくなったらそちらに行くから、君のところにも行くかもしれないよ!」

「年明けに抗癌剤放射線治療をしてね、懐かしい人に会っておきたいんだ。終活だと思ってね。長坂のあたりはよく歩いて知ってるんだ・・愚痴っぽいことを言ってすまないね。」

先生は長坂駅から甲府に通っていらしたんだろうか?

 

先生が本当にこちらに来て下さったら、先生の足になって先生の懐かしい人や場所にお連れしたい・・

先生との51年間をふり返ると胸がいっぱいになります。

この土地で生まれ育った先生が浜松に住み、浜松で育った私が先生の故郷に住んでいる・・

こんなことってあるんだろうか・・

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳南麓里山日記・・お蔵と出会い

f:id:n_aomi1214:20200219221439j:plain古民家二階から見た日の出

 

こんばんは!

本日の八ヶ岳南麓里山は晴れ☀☀☀

庭仕事がしたくなる日和でした。

 

さて、お蔵の改修工事は順調に進んでいます。

f:id:n_aomi1214:20200219221853j:plain

西の窓がくり抜かれました。

f:id:n_aomi1214:20200219222006j:plain

中から見るとこんな感じ・・向こうの土手に何か植栽が欲しい感じです。

f:id:n_aomi1214:20200219222119j:plain

外壁と木の内壁の間に10数センチの土壁が入っています。強度バッチリ・・これで温度と湿度を一定に保っているんですね。

f:id:n_aomi1214:20200219222418j:plain

お蔵からはこんな不思議な形のものが出てきました。

f:id:n_aomi1214:20200219222506j:plain

先には鉄の刃のようなものがついています。・・オブジェ風に地面に立ててみました。

FBの方が教えてくれたのですが、牛や馬に引かせる鋤(スキ)だそうです。

写真はこちら ↓ ↓ ↓

f:id:n_aomi1214:20200219224444j:plain

かつてはこんな風に耕していたんですね!

そう言えば、窓を開けるためにお蔵の土壁を取ったらこんなの物が出てきました。

f:id:n_aomi1214:20200219224708j:plain

FBの一人が「美術作品みたいだね!」と言ってましたが、ホント面白いオブジェのようです。

実はこれは土壁の土(粘土)を壁の中に固定しておくための仕掛けなんです。

壁の中で150年もの間、風化することなくあったんです。凄いですね!!

 

これを<オカネイラズ>に出してみたら、引き取り手がいました。

それがなんと!!東京芸大の先輩でビックリポン!!!!!!!

美術学部デザイン科卒業の方で、二学年先輩でした。

6年前に移住された方で、Canvasと名付けた畑で様々な体験会やセミナーなどをなさっています。

数年前に覚醒体験(光の体験)をし、それから生き方が変わったそうです。

男性の方ですが、とても透明感がある方でした。

・・

夫の前では封印しているスピリチュアルな話しを思う存分しました。

またスピリチュアルの体験をたくさんしてらっしゃる方で、興味深いお話を伺うことができ、とても良い時間を過ごしました。

・・

その場にいた夫のマルセル君は、私の話だと絶対に耳を傾けないのに、神妙に聞いていました。

男の人は思考が強くてスピ系の話しが苦手な人が多いのですが、同姓から体験談を聞いて、妙に納得したようなのです。

そして・・その後・・

夫の何かが変わったように見えました。

「見えない世界があるんだろうな」と思いながらも半信半疑だったのが、体験者の話を聞くことによって、バリアが一枚剥がれたようなのです。

ちょっぴりハートが開いたのかな?

無理解な夫を避けるように「スピ道」を歩いていた私に光明が差しました!!

宇宙と繋がるには一人ではダメなんです。

夫婦一緒でないと。

二人の意識が分断していては宇宙からの情報が入って来ません。

夫の意識に変化が起きたなら、私は本当に嬉しいんだけど・・

 

八ヶ岳には波動の高い人たちが呼ばれて来ているような気がします。

そういう人たちが交流することで、エネルギーが高まります。

ここはそういう場所なんですね。

これからもどういう形か分かりませんが、いろんな出会いがあり何かが着々と変化していくんだろうなあと思います。

 

それでは今日はこの辺で、お休みなさい ☆zzz☆

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳南麓里山日記・・お蔵工事の様子など

f:id:n_aomi1214:20200211215722j:plain

金峰山(奥秩父の名峰) 2599m ・・谷戸城趾そばより撮影

 

こんばんは!

標高850mの八ヶ岳南麓里山は、数日前に最低気温ー11℃を記録してから、ここのところー5℃〜ー7℃の最低気温が続いています。

とはいえ、晴れた日の昼間は寒さを感じることなく散歩が出来ます。

田んぼや畑ばかりのこの地域は日陰がほとんどなくて、本当に気持ちがいいんですよ!

 

今日はお蔵の工事の様子を書こうと思います。

f:id:n_aomi1214:20200211220943j:plain

入り口の重たい扉が外されました。下に付いている二つの大きな木の滑車が壊れ、開け閉めに苦労していた扉は、吊り扉にして中程にガラス窓をはめ込みます。

(お蔵の前にはヒノキの大木が守り神のように立っています。)

f:id:n_aomi1214:20200211221816j:plain床が剥がされ・・痛んだ土台の木を取り替えが行われました。

f:id:n_aomi1214:20200211221905j:plain

コンクリ下地の砂利が敷き詰められました。

f:id:n_aomi1214:20200211222029j:plain

天井の一部が剥がされ二階の天井まで見えています。

f:id:n_aomi1214:20200211222241j:plain

砂利の上に鉄筋と防湿シートが敷かれました。

f:id:n_aomi1214:20200211222343j:plain

コンクリートが流し込まれ、職人さんが平し(ならし)作業をしました。

f:id:n_aomi1214:20200211222524j:plain

そして本日、ぐるりと足場が組まれました。

さあ、いよいよ明日から大工さんの本格的な仕事が始まります!!

 

八ヶ岳南麓はなだらかな斜面になっていて、お蔵の裏は一段高くなっています。

そのせいか床下が湿気ていました。

コンクリのベタ基礎にすることである程度は解消されると思いますが、雨どいからの水がお蔵の方に流れ込みやすいので、それを逃がすための土木工事も必要になりそうです。

また外観からは分かりませんが、天井の梁が折れていたり、壁が崩れ雨漏りがあったりとあちこち修繕が必要です。

明治時代に二度の大火に遭いながらも、焼けずに残ったこのお蔵・・。

築150年のお蔵は修繕を重ねて来たのだろうと思います。

音楽ホールという新たな役割を担うことになるとは、夢にも思わなかったことでしょう。

私自身も、2017年の6月にこのお蔵と出会うまでは、こういう展開になるとは想像もしてませんでした。

これからこのお蔵とどのような時を刻んでいくのでしょうか・・。

大切に使っていきたい、いい音楽がいつも響いている場所にしたい、みんなに愛される場所にしたい・・

そんな思いだけがあります。

 

お蔵の小さな音楽ホール Sala lirica のページはこちら ↓↓↓

https://www.facebook.com/singer1214matuokanaomi/?modal=admin_todo_tour

 応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

お蔵の小さな音楽ホールSala lirica のページを作りました!

 f:id:n_aomi1214:20200128193426j:plain

ミラノスカラ座

 

こんばんは!

本日の八ヶ岳南麓里山は雪のち曇りのち小雨・・のスッキリしないお天気でした。

昨晩から積もった雪はまだ溶けていません。

 

さて、お天気が悪いのを言い訳にパソコンの前に座ったら、なぜか勝手に?手が動いちゃってfacebookに作ってあった<Sala lirica>のページを更新していました。

ついでに八ヶ岳南麓の情報ページにも載せちゃったりして。。

 

数年前に、自分で作り上げていた「幻想の世間」から解き放たれてから、自分のワクワクに従って生きることが普通になりました。

だから、自分の心がワクワクしないことはもう絶対にやらないし、自分の中に「??」が湧いたことからは潔く離れることにしています。

考えるより先に身体が動くのは、魂の衝動に従っているってことにしています(笑)。

 

ところで、前のブログに書いたとおり、お蔵の改修工事が始まっています。

完成は3月末、4月半ば頃までには使えるように整備する予定です。

4月には「オペラ教室」を開設したいので、少しずつインフォーメーションしたいなあと思っています。

 

お蔵の小さな音楽ホールSala liricaのページです↓↓

宜しかったらアクセスしてみてください。
 https://www.facebook.com/singer1214matuokanaomi/?modal=admin_todo_tour

 

 

<お蔵の小さな音楽ホールSala lirica>と「オペラ教室」をよろしくお願いいたします。

詳細は決まり載せて行く予定です。

 

 

 

八ヶ岳南麓里山日記・・この頃のこと

f:id:n_aomi1214:20200120180546j:plain1月19日の富士山(地区の公民館から撮影)

こんばんは!

本日の八ヶ岳南麓里山は晴れ☀☀☀

昨日積もっていた雪はすっかり溶けました。

f:id:n_aomi1214:20200120180910j:plain昨日19日の朝の庭

f:id:n_aomi1214:20200120181057j:plain今日はお日様が差し込んで、南のダイニングはサンルームのようです。

 

facebookにタイムリーに記事をアップしているため、ブログにアップするときは自分の中で新鮮味が薄れています。

そんなわけでブログの更新が滞り気味です。

facebookではごく少数の人とだけしか繋がっていないので、ブログでも発信したいと思ってはいるのですが・・・

と、言い訳はここまでにして・・

f:id:n_aomi1214:20200120182510j:plain大工さんの予定が前倒しされ、先週の後半からお蔵内部の解体工事が始まっています。

f:id:n_aomi1214:20200120182549j:plain

床を剥がしてみたら基礎や柱の腐食が見つかり、その修復の費用がまた上積みされてしまいました。

大丈夫だろうか?我が家の財政!?

かなり前に修繕した跡がありますが、やはり築150年の建物は手強いですね。

大工さんも大変です。

今回は二階の天井の梁や天井に加え、基礎や柱の修繕をします。

床はベタ基礎の上にタイルカーペットを敷き詰めます。

もちろん経費削減のためカーペット敷きはDiyです!

 

また昨日は地区の「三世代交流どんど焼き」と例会がありました。

とはいえ、この地区の子供はとっても少なくて未就学児の4人だけでした。

総勢80人ほどの集会、おつまみや豚汁やおはぎが振る舞われ、ビンゴゲームがあったりして和やかで楽しい会でした。

地区の人たちは優しい人ばかりで、新参者の私たち夫婦もリラックスして溶け込むことが出来ました。

本当にここに住むことにして良かったと、あらためて思いました。

 

そして今日・・ポカポカ陽気に誘われ大門ダムを見学に行きました。

数日前から小さな湖に行きたいという思いが湧いてきて仕方なかったので、どこか手頃な所はないかなあ〜と地図を見てたら、大門ダム清里湖を見つけたのです。

f:id:n_aomi1214:20200120212536j:plain治水のためのダムですね。
f:id:n_aomi1214:20200120212623j:plain放水していないので水はナシ。高さはどれ位かな?下をのぞくと背筋がゾクゾクします。

f:id:n_aomi1214:20200120212817j:plainダムの上は清里湖。とっても静か!

我が家から車で10分ちょとでダムに行けるなんて、夢のようです。

 

自然に囲まれて生活していると、頭が空っぽになります。

頭が空っぽだと悩めないし、考え事もしなくなりました。

神奈川にいる頃はベッドで読書するのが楽しみでしたが、今は一行も読まないうちに寝落ちしてしまいます。

「歌うのが楽しい」と感じる自分に戻りました。

夫婦げんかは減りませんが、猫と遊ぶ時間が増えました。

とにかく、いっぱい色々変化しています。

・・

明日は一週間ぶりの新宿。

あずさからの車窓が楽しみ〜!!

 

それでは今日はこの辺で!

お休みなさい ☆zzz☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳南麓里山日記・・お蔵を音楽ホールに!初めの一歩

f:id:n_aomi1214:20200109215501j:plain

こんばんは!

本日の大泉町里山は快晴☀☀☀

お日様ポカポカの小春日和でした。

 

古民家暮らしが落ち着き、いよいよ築150年のお蔵の改修工事に入ります。

今日は工事に先立ってご神事を執り行いました。

神官は逸見神社の宮司さんにお願いしました。

厳かにご神事が進み、私が玉串を捧げる番に・・とその時、祭壇に一筋の風が通り抜けました。

玉串は神官、夫、私、大工さんの順で捧げましたが、私の時にだけ吹いた風でした。

お蔵の音楽ホールは私が中心に使う場所です。

私は神様からのエールと受け取りました。

f:id:n_aomi1214:20200109221217j:plain

余談ですが・・

以前伊勢神宮内宮に参拝したとき、台風が近づきあいにくの天気でしたが、お参りするときには晴れ間が見え、手を合わせていると一筋の風が吹き、白い布がめくれ上がり奥の神殿が見えたという経験があります。

・・今日もそんな感じの風でした。

 

音楽ホールは二階まで吹き抜けにします。

木のホールですから良く響くし、柔らかい響きです。

自由に使える自分のホールが欲しいなあと、40代の頃に思い描いたことがありました。

その夢もしばらく忘れていましたが、20年ぶりに思い出しました。

ずっと思い続けていた夢ではないのに、まさかその夢が実現するなんて!!

ビックリポンだす。

願い事を叶えたかったら、「強く思ったら忘れていなさい」と言われます。

まさにその通りでした!

今ここに来て、忘れていた自分の夢が自分自身に開示されています。

次はどんな夢が開示されてくるのだろうか?

忘れちゃってることはいっぱいありますから・・。

 

音楽ホールの完成は4月半ばころです。

お蔵開きは私のリサイタル、続いてお弟子さんの発表会・・いろいろやってみたいことがたくさんあります!

 

ワクワクが止まりませんが、まずは3月のコンサートでちゃんと歌えるように自分の再訓練です!!

 

それでは今日はこの辺で、お休みなさい ☆zzz☆

n-aomi1214.hatenablog.com