読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

60才の前日に思うこと

f:id:n_aomi1214:20161213122223j:plain

 

こんにちは!

本日の座間地方は曇り☁

夕方からお天気が崩れるとのこと・・オペラ研修所に出講の日はこういうお天気が割合多いです。。

 

ところで・・

私は明日12月14日、いよいよ60才になります。

今週は二期会オペラ研修所の歌曲試験やら何やらでタイムリーにブログの更新が出来ないので、誕生日前夜の今日書くことにしました。

60才は干支が一巡して元に戻ると言うことで「還暦」と言われています。

若い頃は60才はおばあさんで人生が終わりに近づいている感じがしていましたが、自分がなってみると、まだそれほどおばあさんでもないです。

客観的な容姿や雰囲気は「年配者」なのでしょうけど、自分の内側は少女の頃と変わっていません。

むしろ30代後半から40代の自分のほうが大人ぶっていて年寄りくさかったかも・・と思ったりもします。

よく「赤ちゃん返り」なんて言いますが、それは大げさとしても、生活者としての一通りの苦労をして、達観することが増え、欲が減り、本来自分が持っているピュアな部分が前面に出やすくなってきました。

まあ、社会というか組織に合わせて生きる必要がなくなり、自分らしくいられるようになったということなんでしょうね。

 

私は菜園や手作りの話しなど身近なことを記事にすることが多いですが、50代半ばまではそうではありませんでした。

12才で声楽の道を志し、音楽高校・芸大とお決まりのコースを進み、数多くの一流の舞台に立たせていただき、おまけに国費で留学までさせてもらいました。

音楽大学や大学の教育学部で声楽を教え、自宅で生徒さんのレッスンをする機会にも恵まれました。

でもこういう人生を送るために犠牲にしたことも多く、一番の犠牲は「生活」だったような気がします。仕事を優先するあまり子どもも作りませんでした。

あまりに忙しく買い物に行く時間がないので、高いと知りながら宅配の野菜や外食に頼っていた時期も長かったです。

舞台と仕事優先の人生を送ってきて、行き着いたのが「生活を楽しむ人生」でした。

今、産直センターで新鮮な野菜をたっぷり買えることをとても幸せに思うのは、こういう生活が新鮮からだろうなあと思います。

馬車馬のように働いた人生のツケを、酷い更年期障害という代償で支払い、どうやら完済できたようです。

自分の好きなことをして生き抜いた半生を悔やんではいません。

色々あったけど、これまでの人生はOK!です。

これから元気でいられる限り、生活者であることを最優先して人生を楽しんでいきたいと思います。

最後に、

こんな私に長年連れ添ってくれた夫のマルセル君に感謝。

大病もなく生きてこられたことに感謝。

産んでくれた親に感謝。

出会ったすべての方に感謝。

神様に感謝。

ありがとうございました。

 

それでは皆さん

Love ♡ ごきげんよう!!