読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

「あなたについていきますから!」??

f:id:n_aomi1214:20160103101748j:plain

今朝の大山と南丹

 

こんにちは!

本日の座間地方は晴れ☀☀

絶好の洗濯日和りになりました。

 

昨日、録画してあった「人生の楽園スペシャル」を見てたら、中越地方の豪雪地帯の古民家で老後の生活を送っていらっしゃるシニア夫婦の生活ぶりが映し出されていました。230年の古民家を自分達で改修して昔ながらの生活を楽しんでいらっしゃいます。

その中でご主人が「家内についていくだけです!」とおっしゃっていました。

働き者で大工仕事や薪割りなど何でも出来ちゃうオジサマ・・

奥様の方が「人生は短いのだから先のことを心配しすぎないで、老後は自然とともに暮らす生活を選びました」と積極的に現在の暮らし方に向かったようです。

冬じたくで家の回りに「雪囲い」をしなければならないほどの豪雪地帯、山積みになった薪は一日分・・薪ストーブって一日燃やすのにずいぶん沢山の薪が必要なんですね。

ちなみに家が埋もれるほどの雪のおかげで家の中はそれほど冷えないのだそうです。

「ここではお金よりも薪が大切なんだよ」とご主人様。

行動派の奥さんをサポートしながらご自分も行動的に生活を楽しんでいるご主人の様子を見てマルセル君曰く、

「僕もあなたについていきますから!」ですって!!

何となく「そうなのかな」とは感じていましたが、やっぱりそうだったんだ。。

今まで家の売買や新築、旅行の行き先を決めたり、その他諸々・・家庭の決めごとは私がしてきましたっけね。

でもそのたびに「いつも決めるのは私だ!」とか「あんたはどうなのよ?」と思っていましたが、これからは「これでいいのだ!」と進んで行くことにしました。

マルセル君にとって私の生き方に協力することが、一つの生きがいになってるようなのです。

裏を返せば「この人は僕のサポートがなければやっていけない」と夫が感じているとも言えますが・・。

といって私は別に「かかあ天下」ではありません。どちらかといえば女性性を活かした家事は得意ですし、夫を圧迫してるところはないと思います・・。

私が長女で夫が5人兄姉の末っ子という育ちから来てる関係性なんだろうと思います。

「あなたについていきますから!」と言うわりには気ままな末っ子気質のマルセル君にイライラさせられながら、今年も二人三脚で歩くんでしょうねえ。

 

「自分が直面する現実は、自分自身が作り出しているのだということを認識し、自分の認識が他人の反応や、自分が直面する現実に、影響を与えている」

・・ということですから、夫婦もお互いが相手を作り出し、夫婦の現実に影響を与えているということだと思います。

 

正月休みも3日目になると働きたくてウズウズしてきます。

明日は今年のレッスン初め・・楽しみ♡ 早くレッスンしたーい ♪♪

 

では皆さま、良い一日をお過ごしください!