読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

自分を信じて実践する

こんにちは!

本日の座間地方は寒い小雨となっています。

洗濯ものがたまってしまったので洗濯決行!!

居間はたっぷりの洗濯物に占領されています。乾燥機付きの洗濯機だし、浴室乾燥機もありますが、洗い立てを乾燥機で乾かすとなんともイヤな臭いがつくので、まずは部屋干しで半乾きにしてから乾燥機にかけます。それでもお日様の下に干すのとは違って本当は感じよくないのですが、仕方ないです。

 

ところで、私は長きに渡って「精神世界」の勉強を自分なりにしてきました。

一時期はスピリチュアルカウンセラーのもとに月一くらい通い勉強しました。そのかいあってか、5年ほど前にいわゆるシックスセンス的なものが開き、人や場の波動がわかるようになりました。

それは突然のことで、何もかもが感性のアンテナに引っかかってくるため、3年ほどは大変な思いをしました。

師事していたカウンセラーに「どうしてですか?」と尋ねたことがあります。

すると、

「それは見えない世界を知りたいと思ったからです。」とのことでした。

(最近は自分に良くない、あるいは不必要な波動は自然にスルー出来るようになりましたし、場所の場合は自然に避けていると思います。)

感性が開く4.5年前(現在から8.9年前)から、心身や身辺の浄化が急速に進み、3次元的(この世的)には困難と感じる(苦しみを伴う)状況に次々に直面しました。

しばらくは、特に肉体の浄化の過程への関わり方が分からず、その状態から少しでも楽になりたいと外の力(物理的な治療など)や体操や水泳など身体を動かすことで対処していました。しかし一向に症状は緩和されませんでした。

それどころか、症状に注目すればするほどそれは酷くなり、食事が取れなかったり、食べても全部出てしまう状態が長く続くことになりました。

体調不良が長く続いたある日、突然「その状態にどう関われば良いか」が分かりました。

それはとても簡単なことで、「不調だと自分が感じている場所に注目しない」でした。

実際、肉体的苦痛や違和感はあるのですが、とにかくスルーします。もちろん温めるとか食欲がなければ食べない・・とかいう身体の声に従った対処はしますが、意識をなるべく向けないようにします。ときには「寝ればば治る」的な簡単なおまじないもかけます。

私の体調不良は、身体中が痛い・咳・喉の違和感・内臓痛・下痢・頭痛・耳鳴り・・など身体中のありとあらゆる場所に次々に起こりました。全てが何か悪い病気を連想させ、鬱に近い精神状態にもなりました。

今はほとんどの症状は消え、少しでも無理をすれば身体が「注意信号」を出してくれる程度のものになっています。補足すると、症状や病気として現れている状態は身体がバランスを取っていることの現れであり、また「生活の仕方を見直して下さい」というサインです。本来人間には自然治癒力が備わっているのでそれに任せる。薬はすぐに症状を緩和してくれますが、それは本人の自覚症状をマヒさせるだけで本当の治癒にはならないのです。身体が自らの回復力で回復したときに症状や病気は消えます。

精神的に成長し意識が変わるときには、必ず肉体という物理的なものも化学変化します。ただ肉体は意識より波動が粗いので、現象として現れるのには時差があります。

私はこれらの経験を通して、魂の乗り物である自分の身体、を慈しみ大切に使うことを学びました。

 

そして今、培ってきたスピリチュアル哲学を実際の人生にしっかり応用する段階に入りました。

それはもしかすると「常識的な考え方や生き方」からはずれたり、「集合意識」から逸脱するものかもしれません。

そういう意味では自分の人生のパイオニアの道を歩くことになります。他人からは分からないし、非常に内面的な道でもあります。そして何よりも「自分を信じ切る」生き方です。私の表面の心(顕在意識)は少し怖がっているようですが、信じて実践あるのみと思っています。

      それでは今日はこの辺で!!