読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

波動について・・2

こんにちは!

本日の座間地方は、大山山系が昨日よりも一段と霞んでいますが晴れ☀

・・空気の透明感がやや少なめな感じです。

 

さて<タエヌのスピリチュアル日記>から昨日の続きを転載させていただきます。

・・・

逆に、低い波動からは振動は荒くて周波数は短いものが発され
エネルギー的には主に重く感じられるようなものが生じます。

ですから、自らがより低い波動の中に在ると感じられるような時、
つまり、思考や感情がネガティブであったり疲れ切っていたりしていて

愛があまりめぐっていないと感じたり
ネガティブさを強く感じたり
イライラや苦痛や焦りなどが強くめぐっていて
わくわく感じられなかったりしているような状況に在る時、

より振動が荒くて激しい動きになり、
周波数も普段より短くなってしまっているので

比較的に周囲の波動・エネルギーを
いつも以上に敏感に感じ取りにくくなり、

周囲の状況を根本的かつ全体的・総合的に捉えにくくなり
より自己中心的に狭い了見で限定的にネガティブに捉えやすくなりますので、
いつも以上に周囲とのトラブルなどの不調和が起こりやすくなります。

また、波動の法則によって、
同じような波動の質を発している人と引き寄せあいますし
より低い波動の場所に在ることを選択するようになります。

また、さらに結果的には自らの放つ低い波動によって
場の波動や相手の波動自体も荒らしてしまうこともあり、
低い波動がより多くめぐって周囲を巻き込みやすくなっていきます。

そして、このような自分にとって高い波動や低い波動や
同じような質といったようなさまざまな波動のめぐっている中

その波動の高低の状況を人によっては肉体的に五感で感じ取って
自分自身や相手や場の波動の高低の状況を識別できることもあります。

まずは自分自身の発する低い波動の影響に関してです。

自分自身のネガティブな感情や思考などから発される低い波動によって、
自分自身の肉体に不調和が起きたために感じる主な状況としましては、

怒り・イライラは腰痛、
不安・心配・取り越し苦労は肩や脊椎上部周辺の凝りや痛み、
ストレスは胃腸の不調和、

恐怖は全身各所、
意にそぐわないような思考や行動を続けると心臓の痛み、

あらゆるネガティブな情緒の総合的な影響は
頭痛や気だるさや体の重み、脱力感、倦怠感、
などといった状態で表れる場合が多いです。

これらの不調和は荒れた波動が発したり
重く感じたりするようなマイナスのエネルギー(邪気・邪念)が生じて

それなりに低い波動が強く発している時や
積み重なって蓄積したような場合に起こりやすい状況です。

もし、肉体の不調和によって生じる痛みや苦痛や違和感が
短い時間で緩和されるようでしたら
短期的に低い波動が生じている場合が多いのですが

長い期間続くようでしたら、
それなりに長期間蓄積された
低い波動が要因していると捉えてよいでしょう。

これらの状況を改善するには、
自己の感情や思考や意識をポジティブ改善することで解決できますので、
自分自身の在り方をしっかりと反省して見つめ直して
自分自身で改善することが最も大切なこととなります。

ですから、自分自身の波動が低くなっていると気づいた時点で、
できるだけ即座にポジティブに変換するようにして対処し続けていれば、
その影響を受けての肉体的な不調和がそれなりに改善していくはずです。

次に自分ではない他から受ける低い波動の影響に関してです。

自分以外の人や生物、
場所やパソコンやメールや携帯電話などといった
自分以外の他から発されている低い波動の影響を受けることによって、
自分自身の肉体に不調和が起きたために感じる主な症状に関して挙げますと、

みぞおち周辺の違和感や苦しみや痛み、吐き気、
もともと身体の不調和の起きている部分が悪化する(歯痛や腰痛が増す等)、
喉のいがらみや痛み、後頭部周辺の違和感や痛み、
こめかみ周辺の違和感や痛みや全般的な頭痛などです。

また、相手や場所がくすんで薄暗く見えたり
耳鳴りのような不快に感じるような音が聞こえてきたり
なんともいえない異臭や臭さとして感じたり

何も口に入れてないのに舌で味覚的に苦いとかまずいとかと
感じ取ったりすることがあります。

これらのような肉体的な不調和を感じた際には、
もちろん自分自身の体調や波動が要因しているばあいもあるので、
他が要因しているのか自分自身なのかの識別も必要になりますが

他が要因しているだろうと識別した際には、
接触している人や生物やその場所から
できるだけ早く遠ざかるようにするとか、

パソコンや携帯電話やスマホなどの電子機器の
メールやウェブサイトなどから感じられるようでしたら
すぐに電源を切るとか電子機器から離れるとか、

とにかく可能な限り出きるだけ早い段階で
低い波動を発している根源から離れることが
解決するには最善であります。

ただし、なかなかすぐには離れられないような場合もありますので、
その際には自己浄化をしたり自己防衛をしたりしながら、
少しでも影響を受けないように自分なりに対処すべきでしょう。

そして、その場から離れて低い波動を感じられない場所、
たとえば我が家や自然の中などの落ち着ける場所にたどり着いたら

深呼吸をしたり軽い運動をしたり
入浴をしたりリラックスしてくつろいだりするなど、
自分自身の信頼している自己浄化法に努めることで

自分自身の波動を高めたり
マイナスエネルギーを浄化したりするとよいでしょう。

               ・・以上

 

私ごとですが、最近波動状態が安定しているので体調がいいです。

3年あまり前から内臓不調を感じ始め、一時は8キロほど体重が減少し、自分でも少なからず気にしていましたが、なかなか改善しないので2ヶ月ほど前に自分に「おまじない」をかけました。

すると体調が改善し始め、最近は食欲が出て体重がちょうど良いくらいに戻りました。

今はこれ以上増えないように注意が必要なほどです。・・でも嬉しい♡

私の体調不良は魂の急成長(気づき)が加速し、それに物質である肉体がなかなか追いつけないことによって生じたものと解釈していました。

ですのでかなり酷い時期も、医者に診てもらう必要はないと感じていました。

逆に「自分の生命力」を強く信じ、不調箇所を温めるなどの緩和対策をして乗り切りました。つまり「自然治癒力」を信じたとも言えます。

私は自分の治癒力を信じることで「アレルギー体質」と「子宮筋腫」も治しました。

数年前までアトピ−で浸出液が出ていた皮膚は跡形もなくキレイになり、重症の後鼻漏に悩んでいた日々が嘘のようです。また子宮筋腫の方は、筋腫が小さくなっていく過程では多少のつっぱり感がありましたが、それを数回繰り返してすっかり良くなりました。

内臓不調があったものの、ここ4,5年は風邪らしい風邪は引いていません。

前兆に気づいたら首と肩を積極的に温め、ルミンAをいつもより多めに服用し、場合によっては葛根湯にしょうがの絞り汁を入れたもの(身体を温める効果があります)を1.2回服用すれば数時間で抜けていきます。

食生活に気をつけていることが免疫力強化に繋がっているのかもしれません。

良い波動状態は心身両面のケアが大切かなあと思います。

            では今日はこの辺で!