読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAOMI〜エメラルドグリーンのクレフ2

半農半Xを目指して。過去ログ2006~2013:http://blog.goo.ne.jp/n_aomi1214

タオに繋がる

こんばんは!

 

日中降っていた雨も上がり、静かな夜になりました。

今日は何も浮かばないまま、書いているうちに何か書けるのでは・・とパソコンを開きました。

 

・・そう言えば最近、再び「老子」を読んでいます。

加島祥造さんの「タオー老子」という本で・・。

この本は 13年前に出版されたもので、私は10年位前に手に入れ、気が向いたときにその中のいくつかの詩を読んで楽しんでいます。

加島さんの意訳詩は言葉が分かりやすく平易で、スーッと心に入ってきます。

その中から一つご紹介しましょう。

 

第八章 水のように

タオのあり方にいちばん近いのは

天と地であり、

タオの働きにいちばん近いのは

水の働きなんだ。そして

タオの人がすばらしいのは

水のようだというところにある。

水ってのは

すべてのものを生かし、養う。

それでいて争わず、威張りもしない。

人の厭がる低いところへ、先にたって行く。

水はよほどタオの働きに

近いんだ。

タオの人は、自分のいる所を、いつも

善いところと思っている。

心は、深い淵のように静かだ。

つきあう人をみんな善い人だとし、

自分の言うことは

みんな信じてもらえると考え

社会にいても

タオの働きの善さを見失わない。

その人は、手出しをしないで

あわゆる人たちの能力を充分に発揮させ、

人びとは

自分のいちばんいいタイミングで活動する。

 

これをひと口でまとめると

争うな、ということだ。

 

水のように、争わなければ、

誰からも非難をうけないじゃないか。

                     以上

 

・・書いていて気づきましたが、最近の私はクリーニングが進み、いつも心が「空っぽ」なんです。だからブログに何を書いていいのか分からない・・。

毎日それなりに色んなことがあるのですが、ひとつも心に引っかかりません。

だから老子を読むと、そのまま中に入ってきて全身に染みわたります。

これがタオに繋がっている状態なのかなあと思います。

淡々としていて、プカプカ浮かんでる感じです。

 

何を書くのかなあ・・と思いながら書きましたが、何とか書けるものですね。

 

  ☆ それではお休みなさいzzz ☆